紡ぎ独楽(綿)



使用方法


1.綿の状態 / 2.種糸(30cm)の先端に輪をつくる / 3.輪に毛を通す / 4.2つをとじあわせる / 5.紡ぎはじめる(※紡ぐポイント参照)


6.紡ぎはじめ / 7.引っ張るように紡いでいく /  8・9.独楽をまわしながら紡いだ糸を巻き取る / 10.巻き取ったら、5〜10の作業を繰り返す


11.綿が切れたら、それを足す作業を行う / 12.10cmほど重ね再び紡ぎはじめる / 13.量がたまったら、それを綛(かせ)にする /14.綛の状態。湯通しして撚りを止め使用


木綿用スピンドルの特徴

ウール用との違いは芯棒の先が自然に細くなっているところです。木綿(カシミヤ・キャメルなども)の繊維は短いので独楽をぶら下げて紡ぐのは難しいのでテーブルなどの台の上で独楽を回転させ芯棒の角度を調節しながら紡ぎます。ウールより少しむずかしいですが、コツを掴んでがんばりましょう。


コットンボールから紡ぐ

コットンボールから紡ぐ場合、綿繰り機で種をとって綿打ちをしないと紡げませんが大掛かりな道具がなくても少量の綿の場合は手やハサミで種と綿を外しましょう。そのままでは紡げませんのでハンドカーダーでローラックスにします。すぐに紡げる状態の市販の手紡ぎ用の綿もあります。


紡ぐポイント

1 紡ぐ角度が大事:芯棒を左に傾け、先端の種糸が付かず離れずの状態にしながら独楽を回転させ綿を引っ張って撚りをかけていきます。
2 お皿で安定させる:独楽が逃げるので、お皿の底などを使用すると独楽が逃げずに紡ぎやすいです。



商品のご購入はこちらから